スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)

 中国大使館(東京都港区)の敷地内に侵入したとして建造物侵入容疑で逮捕され不起訴処分(起訴猶予)となった天安門事件の学生運動指導者、ウアルカイシ氏(42)が9日、東京都内で会見し「日本国民に迷惑をかけたが、仕方がなかった。今後も中国政府との対話を求める」と話した。

 ウアルカイシ氏は天安門事件から21年となる4日、中国大使館前のパイプ柵を乗り越えて敷地内に侵入し、現行犯逮捕された。会見では「21年間会っていない両親に会おうと思った。中国政府との対話が目的だった」と説明し、「中国政府は天安門事件がまだ終わっていないことを認識してほしい」と訴えた。

 ウアルカイシ氏は短期滞在の在留資格で入国しており、早ければ今週末に亡命先の台湾に帰るという。

【関連ニュース】
ウアルカイシ氏:東京地検が不起訴処分
ウアルカイシ容疑者:東京地検が不起訴方針
建造物侵入:ウアルカイシ容疑者を釈放 警視庁
中国指名手配:ウアルカイシ容疑者を逮捕 警視庁
ウアルカイシ容疑者:民主化要求姿勢 会見で再度示す

参院選 一転「公示後に応援決める」橋下知事の動向に熱視線(産経新聞)
「素晴らしく、見飽きない星」=毎日リハビリ、体調は万全―野口さん、米で会見(時事通信)
介護事業所、6割超で労働条件に問題―和歌山労働局(医療介護CBニュース)
<長崎沖漁船沈没>新たに1遺体の身元判明(毎日新聞)
超党派で「財政健全化検討会議」…首相所信表明(読売新聞)

生活保護金狙い恐喝未遂 容疑で山口組系組長ら逮捕 NPO理事も(産経新聞)

 借金を返済させるため知人男性に生活保護を受給させ、金を脅し取ろうとしたとして、大阪府警捜査4課と平野署などは31日、恐喝未遂の疑いで、山口組系暴力団組長、小畑好司(45)=大阪市西区境川=と、NPO「歩の会」理事、杉山二三生(ふみお)(59)=都島区都島本通=ら3容疑者を逮捕した。府警によると、いずれも否認している。

 逮捕容疑は、共謀のうえ、平成21年9〜10月、小畑容疑者の知人で平野区の男性(64)宅に押しかけ、借金返済名目に「支給される生活保護の金で5万払え。なめとったらあかんぞ」と脅したとしている。

 府警によると、男性は20年12月に小畑容疑者から10万円を借りたが返済できず、21年1月、杉山容疑者の指示を受け、生活保護を申請した。受け取った生活保護費から2〜6月に17万円を返したが、小畑容疑者らは、さらに金を取ろうと脅したという。府警は生活保護の申請自体は不正ではなかったとみている。

【関連記事】
市役所「熱心な支援者…口を出せぬ」 生活保護費詐欺NPO摘発
またNPO…生活保護費詐取、元代表ら逮捕 暴力団に現金流れる
複数転居で敷金扶助、引っ越し費も捏造受給か 貧困ビズの自称NPO
貧困ビジネス 逮捕の自称NPO代表「囲い屋と違う。お礼は受け取ってない」 
神戸市で生活保護費の過払い発覚 110世帯で計100万円

<岡本倶楽部事件>弁護士会が電話相談と被害者説明会開催へ(毎日新聞)
<殺人>弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で(毎日新聞)
“仕分け大臣”に蓮舫氏 政調会長は玄葉氏で調整(産経新聞)
鳩山首相、頬ゆるませ親指立て 「続投ですか」に首相余裕(産経新聞)
民主党新執行部、午後決定へ 政調会長に玄葉氏(産経新聞)

<ひき逃げ>路上に男性遺体 車に引きずられた跡 大阪(毎日新聞)

 24日午後10時20分ごろ、大阪府警に入った連絡によると大阪市港区市岡元町の路上で男性が倒れて死亡しているのが発見された。トラックなどにはねられ、約300メートル引きずられた跡があり、府警港署はひき逃げ事件とみて調べている。

【関連ニュース】
半田男性変死:酪農業の男をひき逃げ容疑で逮捕…愛知県警
ひき逃げ事件:別の車窃盗容疑で4人を追送検 名古屋
ひき逃げ:女性はねられ死亡 警察が捜査 群馬県高崎
忘れない:ナンバー追跡2万台 現場に立ち続ける母(熊谷 小4男児ひき逃げ)(1/3ページ)
熊谷・小4男児ひき逃げ事件

ネット選挙「秘書がHP更新」OK(読売新聞)
堀内氏、石井氏と共闘!秋田でセミナーに参加(スポーツ報知)
三味線など150点灰に…芸妓組合事務所が全焼(読売新聞)
<結婚詐欺>女性から3000万円だまし取る 容疑で男逮捕(毎日新聞)
「オービス信用できぬ」出頭2年半拒み歯科医逮捕(読売新聞)

【ニッポンの食、がんばれ!】沖縄 アセロラ生産拡大中(産経新聞)

 ■特産品 観光にもつなげたい

 熱帯系の果実や果汁の多くを輸入に頼る中、沖縄県では近年、アセロラの生産が拡大中だ。重労働が少ない代わりに作業がきめ細かく、高齢者に向いているという。国内最大の生産地である同県本部(もとぶ)町では特産品に位置付けられ、関係者は「さらに生産を拡大し、観光にもつなげたい」と意気込む。(草下健夫)

 ◆丁寧さが必要

 「果物の収穫は年1回が多いが、アセロラは5、6回。たまたま収穫期と台風の接近が重なっても、年間の収量はゼロにはならない」

 沖縄県北西部の本部町。ここでアセロラの生産拡大に努めてきた農業生産法人「アセローラフレッシュ」の代表取締役、並里哲子さん(52)は、栽培のメリットをアピールする。

 アセロラは昭和33年、米ハワイ大学のヘンリー仲宗根(なかそね)教授が琉球政府(当時)の依頼に応じ、パパイアなどとともに沖縄に持ち込んだものの、栽培が難しいとされ普及しなかった。

 25年ほど前、米国でビタミンCの豊富な果物としてアセロラの人気が高まった。それを知った並里さんの夫、康文さんは「やがて日本でもブームが来る。地元で栽培できないか」と予測。琉球大学農学部の学生だった康文さんは「木を剪定(せんてい)して低くすれば台風による倒木を防げ、収穫も楽」といった栽培方法を研究した。「アセロラは傷みやすく、一粒ずつ手で収穫するなど作業が細かいが、サトウキビのような力仕事にならない。丁寧な作業ができる高齢者に向く」と並里さん。

 並里さん夫妻は新しい作物に二の足を踏む地元の人々に栽培を呼びかけ、平成元年に「生産者の会」、翌年には流通の確立を目指してアセローラフレッシュを設立。栽培方法の普及や果実の農家からの買い取り、加工、出荷を進めてきた。

 ◆加工品多彩に

 同町で元年に8軒だった生産者は、今年約50軒まで拡大し、町は収穫量25トンを見込んでいる。収穫量最大の農家、仲地淳さん(54)は、約400本のアセロラから年間約2・5トンを収穫。「作付を増やすより、今ある木の手入れ次第で、もっと収量が増えると思う」と話す。

 収穫したアセロラはピューレやシロップ、ドレッシング、菓子などに加工、出荷されている。町が制定した「アセローラの日」(5月12日)には町内小中学校の給食にアセロラゼリーを出すなど、地産地消の教育にも生かされている。

 生の実も販売するが、かなり傷みやすく輸送が難しいという。都内などの限られた店でも手に入るが、「よく熟したものを生で味わうには、ぜひ本部町に遊びに来て」と並里さん。

 康文さんは昨年2月、急逝。並里さんは「夫は郷土愛が強かったが、その思いを受け止める郷土にも恵まれた。アセロラが産業として根付くよう、しっかり取り組まなければ」と思いを語る。本部町の高良文雄町長は「今後は収穫体験など、観光にもつなげていきたい」とアピールする。

                   ◇

【用語解説】アセロラ

 熱帯アメリカ原産とされる高さ2〜4メートルほどの常緑低木。熱帯や亜熱帯で育ち、薄紫色の小さな花が咲いた後、20〜30日ほどで丸く、サクランボのような鮮やかな赤い実をつける。ビタミンCを多く含むなど、栄養価の高さから注目が集まった。生では酸味が強すぎるためビタミンC関連の製品などに加工される「酸味系」と、凹凸があって生で食べられる「甘味系」に大別される。国内では甘味系が沖縄県などで栽培されている。農林水産省の統計によると、国内のアセロラ生産は元年の9トン(うち沖縄県8トン)から、19年に42トン(同42トン)にまで増加した。

                   ◇

 産経新聞社は「ニッポンの食、がんばれ!」キャンペーン(www.nippon−shoku.com)を通じて食料自給率の向上を目指します。

JR西、新型車両を公開=安全性重視の構造―福知山線事故の教訓生かす(時事通信)
石川議員、午後に再聴取へ=陸山会虚偽記載―東京地検(時事通信)
自民党 青木幹雄氏、参院選出馬を断念 軽い脳梗塞で入院(毎日新聞)
供述調書作成せず=大久保元秘書、約4時間聴取―東京地検(時事通信)
岡田氏、ヘリ近接に懸念 外相会談、中国は非難「行き過ぎ」(産経新聞)

マツダ井巻会長が退任、山内社長が会長兼務へ(レスポンス)

マツダは12日、代表権を持つ井巻久一会長が退任すると発表した。会長職は山内孝社長兼CEO(最高経営責任者)が兼務する。

[関連写真]

6月24日開催予定の定時株主総会とその後の取締役会で正式に決める。

また、羽山信宏専務も退任する。トーマス・エイ・エイチ・ピクストン専務執行役員、丸本明専務執行役員、小飼雅道専務執行役員の3人が取締役に昇格する。ピクストン専務は、株主総会後の取締役会決議を経て代表取締役に就任する。

井巻氏は退任後、相談役最高顧問に就任する。

また、若松重喜監査役が退任し、見立和幸広報本部長が監査役に就任する。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
マツダ山内社長「今年度から反転攻勢」
マツダ山木副社長「フォードとの関係に揺らぎはない」
マツダ3月期決算…新車販売前年割れでも営業黒字に
【トップインタビュー】私の自動車ビジネス革命…豊田章男 トヨタ自動車社長
マツダ 特別編集

疾病牛の肝臓を販売=無許可卸売業者ら逮捕−栃木県警(時事通信)
普天間問題で社民・照屋氏が首相批判「あきれてものが言えない」(産経新聞)
元副工場長らに罰金=タラップ落下26人死傷事故−大分(時事通信)
「私は忙しいから」と民主・山岡国対委員長 週刊新潮訴訟放棄(産経新聞)
<鳩山政権>実績アピール必死 仕分けにマニフェスト…(毎日新聞)

<訃報>杉本栄子さん94歳=秋篠宮妃紀子さまの祖母(毎日新聞)

 杉本栄子さん94歳(すぎもと・さかえこ=秋篠宮妃紀子さまの祖母)25日、腎不全のため死去。宮内庁によると葬儀は密葬で行う。紀子さまは同日から30日間の喪に服すため当面の間、公務を取りやめる。

裁判員制度は「合憲」=被告側控訴を棄却−東京高裁(時事通信)
酒気帯び運転で教諭免職、処分取り消し=裁量権乱用と認定−横浜地裁(時事通信)
高速新料金で前原氏が小沢氏を批判「二律背反だ」(産経新聞)
<学級編成>増やすの忘れた?入学早々クラス替え 名古屋 (毎日新聞)
4月分の給与支払わず=免職取り消しの職員に−阿久根市(時事通信)

「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)

 平成12年に東京都世田谷区で発生した一家殺害事件の遺族、宮沢良行さん(81)が23日、東京都千代田区で講演し、「住民の繋がりが薄くなり、事件解決が難しくなっているのではないか」と、地域の連携の重要性を訴えた。

 宮沢さんは事件当時について「捜査員に質問されるばかりで、何が起きたかまったく分からなかった」と振り返り、「地元警察と聞けば被害者にも親近感がわき、捜査がスムーズに進むのでは」と指摘した。

 一方、殺人罪などの公訴時効撤廃を盛り込んだ刑法と刑事訴訟法の改正案が近く成立する見通しとなったことについて、宮沢さんは報道陣に「一日も早く時効を撤廃して絶対に犯人を捕まえてほしい」と訴えた。

 講演会では、8年に上智大生の二女を殺害された小林賢二さんが「私たちの苦しみを皆様が味わうことがないよう社会の安全活動に努めたい」とのメッセージを寄せた。

 宮沢さんと小林さんは、殺人事件の遺族らでつくる「宙(そら)の会」で、時効撤廃運動に取り組んできた。講演は、警視庁神田署が主催した。

【関連記事】
世田谷一家殺害なども時効廃止の可能性
世田谷一家殺害から丸9年 刑事部長が献花
世田谷一家殺害、犯人は南欧系混血か DNA型分類で絞り込む
無念…母子3人殺害の遺族 判決前に死去 静岡・焼津
弟の娘殺害容疑で再逮捕 愛知・豊川の一家殺傷事件
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

普天間移設 徳之島住民「命がけで反対する」(毎日新聞)
<ニュース1週間>井上ひさしさんが死去/ポーランド大統領搭乗機が墜落(毎日新聞)
お母さんたちも「子ども手当」に異議! 再審議求めデモ(産経新聞)
<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)
徳之島3町長 政府と会談拒否 勝負の電話…首相「存ぜぬ」(産経新聞)

井上靖の書斎、世田谷から郷里・旭川に移築へ(読売新聞)

 北海道旭川市生まれの作家井上靖さん(1907〜91年)が執筆で使っていた、東京都世田谷区の自宅の書斎などが、同市の「井上靖記念館」(旭川市春光5の7)へ寄贈されることになった。

 同市は記念館の横に移築し、来年度に蔵書などとともに公開する予定。

 世田谷区の自宅は57年に建てられた木造2階建てで、井上さんの没後も、妻のふみさんが暮らしていた。2008年10月にふみさんが亡くなり、長男の修一さん(69)が、建物を保存してくれる自治体や団体を探していた。

 移築されるのは執筆に使っていた1階の書斎(8畳)と応接間(約30畳)、書庫などで、部屋の中にあった机や数千冊の蔵書、灰皿などの小物類も、そのままの状態で移される。

 修一さんは「父がどのような所で創作活動をしていたかを、多くの人に知ってもらえればうれしい」と話している。

 井上さんは生後約1年間を旭川市で過ごした。同市は1993年に同記念館を整備し、直筆の原稿や創作メモなどを展示している。

死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める−78歳女性強盗殺人・山口県警(時事通信)
<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
<子ども手当>「全額現金支給」厚労相が見解(毎日新聞)
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳(産経新聞)
エルトゥールル号遭難120年 トルコに友好の日本庭園(産経新聞)

670年ぶり開門 東寺の東大門(産経新聞)

 世界遺産に登録されている東寺(京都市南区)で14日、重要文化財の東大門の解体・修理工事が行われるのを前に工事の安全や無事を祈願する法要が営まれ、約670年ぶりに門が開けられた。

 鎌倉時代初期に再建された東大門は別名「不開門(あかずのもん)」。建武3(1336)年、足利尊氏が新田義貞率いる官軍に攻められ、東大門から寺の敷地に逃げ込み、門を閉じて危機を脱したといわれる。

 それ以降、強風などによる自然災害の影響以外では開いておらず、人の手によって開門されるのは建武3年以来になるという。

 現在は老朽化で屋根瓦が破損し、雨漏りなどする状態のため、昨年11月から修理工事の準備に着手。総工費約2億円で、工事は平成24年9月末完了の予定。法要では、約30人の僧侶らが門前で読経後、工事関係者3人がかんぬきを抜き、慎重に開けられた。

サル逃げた東山動物園改修「元気な姿見に来て」(読売新聞)
<小沢幹事長>後援会が地元で18日、両親の「しのぶ会」(毎日新聞)
高齢者の孤独死対策、支援内容の判断基準を策定―栃木県(医療介護CBニュース)
口座指定し現金要求=元常務理事「ちゃんとやる」−家具厚生年金基金汚職・警視庁(時事通信)
ヘリ近接飛行で事実関係照会=中国側に外交ルートで−防衛省(時事通信)

悠仁さま、「少しお泣きに」=入園式の様子発表−宮内庁(時事通信)

 宮内庁は9日、同日午前に行われたお茶の水女子大付属幼稚園(東京都文京区)の入園式に出席された秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さま(3)について、「大勢の人と大きな拍手の音で驚きになられたためか、少しお泣きになりました」などとする式での様子を発表した。
 宮内庁によると、悠仁さまは新入園児紹介で「秋篠宮悠仁さん」と呼ばれ、小さな声で「はい」と返事。式の後には園児と保護者の写真撮影が行われ、ご夫妻も参加されたという。 

両陛下が伊東市で「池のさと」ご散策(産経新聞)
レセプト請求の審査の効率化も協議―厚労省が検討会(医療介護CBニュース)
ピンハネ、トラブル…急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”(産経新聞)
フィルター発火などで87万台リコール 家庭用空気清浄機(産経新聞)
<電動車椅子>オートバイに追突され男性死亡 大阪(毎日新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
リンク
審査 甘い キャッシング
債務整理 無料相談
ショッピング枠現金化
2ショットチャット
無料ホームページ
ショッピング枠現金化
自己破産
クレジットカード現金化 還元率
競馬情報
selected entries
archives
recent comment
  • ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
    志波康之 (01/17)
  • ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
    桃医 (01/12)
  • ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
    サキューン (12/31)
  • ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
    モグモグ (12/18)
  • ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
    ちょーたん (12/15)
  • ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
    ちんたまん (12/05)
  • ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
    XXまるおXX (11/20)
  • ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
    すぷらっしゅ (11/14)
  • ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
    加藤よしはる (11/09)
  • ウアルカイシ氏 不起訴で会見「中国政府との対話求める」(毎日新聞)
    土屋浩平 (10/31)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM